話題のドクターズコスメ「モイストリフトプリュスセラム」を試してみた!

コラム

目元や口元って、けっこう注目されるポイントですよね。

しかも、年齢を重ねるにつれて
たるみが出やすくなる箇所でもあるから困っちゃいます。

なんとかしたいけど、
ピンポイントでケアするのはなかなか難しいもの。

そこでオススメなのが、
ドクターソワの【モイストリフトプリュスセラム】

美容のプロも御用達の美容液で、

使用者の実感率はなんと98%!

多くの人が手応えを感じたスキンケアアイテムなのです。

今回は【モイストリフトプリュスセラム】を実際に使用して、
その実力を確かめてみようと思います。

年齢を重ねて、帰りの地下鉄が恐くなりました。

夜の地下鉄には、世にも恐ろしい存在が紛れ込んで来る場合があります。

しかし『それ』は、年齢を重ねた大人にしか見えません。

これは、ある日の仕事帰り――
地下鉄の電車のなかでスマホをいじっていたとき、
ふと窓のほうを見やると『それ』は私の目に飛び込んできました。

窓の暗がりのなかに、ぼんやり人の顔が浮かんでいたのです。

目のあたりには、どんよりと影がかかり、
『への字』を描いた口元のラインは、
若さへの未練に悶えているかのようでした。

私は恐怖に打ち震えながらも、この目を逸らすことはできませんでした。
だって、その顔は他ならぬ私のものだったのですから……。

目元・口元のたるみケアって、難しい。

そこに映っていたのは、確かに私の顔でした。

目元・口元のたるみのせいで顔に暗い影ができ、
凄まじい形相を浮かべていたわけです。

それはもう、

「近日中にホラー映画の出演オファーが来るんじゃないか?」

と心配になるレベルでした。

「これは、本気でたるみ対策しなくちゃ!」

とは思ったのですが、
目元や口元ってピンポイントでケアするのは難しくないですか?

  • スマホを頭より上にあげて操作してみたり……
  • 目元をホットタオルで温めてみたり……
  • 表情筋エクササイズに励んでみたり……

いろいろな方法を試してはいるものの、正直、継続するのが大変です。

しかも、年齢とともに仕事の責任が重くなってきたから、
帰宅時間が遅くなりがち……。

そのため、そもそもケアする時間が取れない、
なんて日も増えてしまいました。

「できるだけ手軽に、ふっくら弾む手応えを感じたい!」

そんな大人の悩みに答えてくれるのが

【モイストリフトプリュスセラム】

という美容液なのです。

実感率98%!【モイストリフトプリュスセラム】とは?

【モイストリフトプリュスセラム】のスゴイところは、その実感力。

公式ページの記述によると使用者のうち、
なんと98%もの人が肌の変化を実感したそうです。

さらに「また使ってみたい」と答えた人の割合は95%。

その実力は美容のプロにも評価されていて、
エステティシャンやメイクアップアーティストも御用達なのだとか。

実力派の美容液【モイストリフトプリュスセラム】、
まずは実際に使用してその感触を確かめていこうと思います。

【モイストリフトプリュスセラム】を
実際に使ってみました!

パッケージは鮮やかな赤色。
箱のなかには、プラスチック製のボトルが入っていました↓

公式サイトによると、次のように使用するのがオススメとのこと……↓

  • 朝晩2回
  • 化粧水の後、乳液の前に使う

容器はポンプタイプで、
1回の使用目安量は3~4プッシュほど。

実際に手に出してみると、これぐらいです↓

テクスチャはクリーム状ですが、ちょっとゆるめ。
みずみずしさも感じられ、ジェルに近い印象ですね。

スルスル伸びて、ピン!と手応え

さっそく、気になる目元・口元を中心に伸ばしてみると、
スルスル~っと気持ちよく広がっていきます。

↑摩擦が少ないので、マッサージにも使いやすそうですね。

塗り広げていると、ほのかに柑橘系の香りが鼻をかすめます。
気になって成分表示を見てみると、『オレンジ果皮油』の文字が↓

私は柑橘の香りが大好きなので、思わずテンションが上がっちゃいます。

肌になじんでくると、全体にピン!と引き締まるような手応えが感じられ、
それから少しずつ、もっちりした感触へと変わっていきます。

弾む質感がとっても心地よくて、しばらく触っていたくなるほどでした。

大解剖!【モイストリフトプリュスセラム】の実感力のヒミツ

多くの人が実感を得た美容液【モイストリフトプリュスセラム】、

私も実際に使ってみて、
ピン!と引き締まるような手応えに驚いてしまいました。

なぜ、これほどまでクリアな感触が得られるのでしょうか。

そのヒミツは『アセチルコリン』に着目した美肌サポートにあるようです。

美肌のカギ『アセチルコリン』に注目!
注目成分【DMAE】が、たるみに素早くアプローチ

モイストリフトプリュスセラムの優れた実感力を支えているのは、
『DMAE』という成分です。

DMAE(ジメチルアミノエタノール)の特徴
  • 人の体内で合成される必須脂肪酸のひとつ
  • 肌をピン!と引き締めてくれる

さらにDMAEには、
『アセチルコリン』を助ける働きがあるとも言われています。

アセチルコリンとは、
健やかな美肌をキープするうえで重要な役割を果たしている物質です。

DMAEがアセチルコリンをサポートすることで、
肌に健康的なハリを与えてくれる、と考えられるわけですね。

しかも、DMAEは分子が小さいので角質層のすみずみまで効率的に浸透します。
そのため、たるみに素早くアプローチできるのです。

だから、モイスト リフト プリュス セラムは、
目元・口元などのケアしづらい部分にも、充実した手応えをもたらしてくれるのです。

高濃度エイジングケア成分にも注目!

そのほかにも、注目のエイジングケア成分が高濃度で配合されています。

具体的には、次のような成分が配合されています↓

配合されてる成分
  • パルミチン酸レチノール
    • 肌にうるおいを補給して、やわらかな感触をキープする。
    • コラーゲンをサポートする働きもあるとされている。
  • トコフェロール
    • ビタミンEのこと。代表的なエイジングケア成分のひとつ。
    • 健やかな肌を維持する働きがあり、くすみケアに利用される場合もある。
  • ナイアシンアミド
    • ビタミンB群の一種。
    • セラミドなどの『うるおい物質』をサポートして、プルプル質感へ導いてくれる。

たるみ以外に、乾燥・くすみなど、
さまざまなエイジングサインへのアプローチにも期待できそうですね。

【モイストリフトプリュスセラム】 オススメの使い方

公式サイトには、
角質層への成分浸透をサポートするテクニックが紹介されています。

さらなる実感のために、ぜひ参考にしたい内容です。

手順を簡単にまとめると、次のようになります。

通常よりやや多めの量を手のひらにとり、
顔全体を包み込むように、なじませる。

薬指と中指のはらを使い、
中心から外側に向かって、らせんを描くようにマッサージする

目元・口元は、外側に向けて細かく指を滑らせる。

額は、生え際に向かって細かく指を滑らせ、
最後に、額のしわを「く」の字を描くように伸していく。

両手の人差し指と中指を曲げて、軽くつまむようにタッピングする

ワンポイント!
  • 手を動かすときには、息を吸う
  • 圧を加えるときには、ゆっくり息をはく

【モイストリフトプリュスセラム】で、
大人のキレイに弾みをつける!

モイストリフトプリュスセラム 3つのオススメポイント
  1. 実感率98%!プロも御用達の実力派美容液
  2. 使ったときの『もっちり感』がスゴイ!
  3. 角質へ効率的に浸透!たるみに素早くアプローチできる

目元・口元はケアするのが難しいうえに、年齢の影響を受けやすい部分です。

しかも年齢を重ねると、スキンケアに時間が取れないケースも増えてきます。

しかし、モイストリフトプリュスセラムは、
肌にスーっと塗るだけで、手軽にたるみケアできるのが、うれしいポイント。

しかも、使ったときの『もっちり感』が、ほんとうに気持ちいい!
忙しい大人のキレイに、ピンと弾みをつけてくれそうです。

目元・口元のたるみに悩む人に、真っ先に教えてあげたい商品ですね。

私も引き続き使用して、

『地下鉄の恐怖』

を乗り越えるための勢いをつけていこうと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました